スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録
スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

テーマは問題解決。個人の細かいニーズとその道のプロを繋げる、日本に眠っているスキルを活かしたサービスを作りたい

株式会社Zehitomo CEO フィッシャー ジョーダン

株式会社Zehitomo CEO フィッシャー ジョーダン

フィッシャー ジョーダン (フィッシャー ジョーダン)

株式会社Zehitomo CEO

1986年、ニューヨーク生まれ。2004年に入学した南カリフォルニア大学ではコンピュータサイエンス専攻。2008年に卒業後、JPモルガン(東京丸の内オフィス)へ入社。債券テクノロジー部でプログラミングやプロジェクトマネジメントに従事。2014年にはヴァイスプレジデントに昇進し、電子取引セールストレーダーとなる。2015年に共同ファウンダーのジェームズ・マッカーティーと意気投合し、株式会社Zehitomoを立ち上げる。

株式会社Zehitomo

事業内容

マッチング・プラットフォーム「Zehitomo」の企画・開発・運営

会社の特徴

・経験豊富なメンバー
金融、IT、コンサル、メーカーとさまざまなバックグラウンドを持ったメンバーで構成されています。多種多才なメンバーが一致団結し、Zehitomoは現在、圧倒的な急成長をしています。

・豊富なグローバル人材
日本のスタートアップでは珍しく、メンバーの半分以上が日本以外の出身者です。日本文化を理解しながらも、常にグローバルな視点を持ちながら日々の業務に取り組んでいます。

・チャレンジを歓迎する社風
スタートアップ企業らしく、常に好奇心とチャレンジを忘れず、失敗を恐れず行動をしています。そして、圧倒的なスピードで行動するアグレッシブなチームです。

株式会社Zehitomoの企業情報を見る

株式会社Zehitomoの求人情報を見る

  • ロジカルに問題を解決することが好きだと気づいた少年時代

    幼い頃のエピソードや、起業や現在のビジネスに繋がるような原体験があれば教えていただけますか?

    私は画家の父親と、心理カウンセラーの母親の元に生まれました。ビジネスの原体験としては、小中学生の頃にまとめ買いしたお菓子をスクールバスなどでバラ売りした経験があります。買う人にとってはコンビニの値段より安く買え、自分にとっては購入時よりも高く売れるので、チャンスだと思って始めました。でも結局そのビジネスはあまりスケールしませんでした。友人たちと一緒にやろうとしても、英語で言うところの「eat into your profits」、彼らは自分たちでそのお菓子を食べてしまうので、利益にならなかったのです。

    どのような高校生活を送られましたか?

    パソコンやテクノロジーが大好きで、高校生の頃は夜な夜な開発をする「ザ・オタク」でした。夏にはコロンビア大学やスタンフォード大学にコンピュータサイエンスを勉強しに行くこともありました。当時いちばんやりたいと思っていたのは、ゲームのAIの開発です。自分の作ったパソコンで自分の作ったゲームをしていましたが、その中のAIも自分で作れたらとても面白いだろうなと感じていました。さらに高校ではネットワークの管理者になり、先生に頼られるほど詳しくなりました。人生で初めて責任を持って、どうしたらみんながスムーズに利用できるかを常に考えていたので、テクニカルなことも身につけることができ、とてもいい経験になったと思います。

    どうしてパソコンやゲームが好きになったのですか?

    もともと、ジグソーパズルや数学が大好きだったこともあると思います。ただ、小さい頃は、親からテレビやゲームで遊ばせてもらえず、ゲームボーイやプレイステーションなど、友だちが持っていても僕だけ持っていませんでした。中学生の終わりの頃には、自分がアルバイトしたお金で購入し、どんどんハマって行きました。

    ゲームから学べることはたくさんあります。例えばオンラインのゲームなら、コミュニケーションをとって交渉する能力も育ちますし、タイピングも早くなります(笑)。パズルもゲームも、共通しているのは「問題を解決する」こと。そしてそれがいちばん自分の好きなことだと、早い段階で気づいていましたね。今の仕事にも繋がっています。

この企業が募集している求人