キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

みんなをハッピーにするというビジョンを軸に、インバウンド向けのワンストップサービスと、その先のグローバル展開を目指して

日本美食株式会社 CEO 董 路

董 路 (ドン ルー)

日本美食株式会社 CEO

1972年生まれ、中国・北京出身。20歳で日本に留学し、1994年に埼玉大学経済学部に入学。同大学を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。その後、スタンフォード大学にてMBAを取得し、2004年に中国に帰国。外資系コンサル、ベンチャーキャピタルを経て、2社のベンチャーを立ち上げる。2014年に事業を売却し、日本に拠点を移す。2015年12月、日本美食株式会社を設立し、外国人観光客向け飲食予約サービスを展開中。

日本美食株式会社

事業内容

・メディア事業
・オンライン決済事業

会社の特徴

日本美食では「本当に魅力ある日本のレストラン」だけを観光客の方にご紹介。
レストランの紹介から予約、オンラインでの決済まで日本美食のアプリ一つで完結できます。
日本美食は、""日本の美食""を世界に発信するためのサービスです。

ただのグルメ紹介にとどまらず、店舗の業務改善や今話題のフィンテックといった、
ITにおけるいろんな側面を持つサービスです。

旅行に行く際、レストランを探すのになくてはならないサービス、「restaurant.com」になるべく、わたしたちは『日本美食』をグローバルに展開していきます。

日本美食株式会社の企業情報を見る

日本美食株式会社の求人情報を見る

  • 学者である祖父に大いなる影響を受けた、好奇心旺盛な少年時代

    起業や現在のビジネスに繋がるような幼少時代の原体験があれば教えていただけますか?

    私は、中国・北京の大学が集中している地域で生まれ育ちました。日本で言えば文京区のような場所ですね。中国の大学というのは、敷地の中に大学の施設だけでなく、附属の小中学校、幼稚園、教員の宿舎や学生寮、スーパーや郵便局などもあり、ひとつの街になっているんです。私の祖父が清華大学の教授だったため、父は清華大学で生まれ、その後、祖父が今の北京科技大学の設立に携わり、同大学の教授になったので、私はそこで生まれ、来日するまでその中で生活していました。

    私が最も尊敬し、影響を受けたのは祖父です。若い頃にモスクワ大学に留学して博士号を取り、学者として清華大学で教え、論文もすべて外国語で書く。ロシア語以外にも、英語や日本語にも堪能だった彼を、私は心から尊敬しています。常に私の頭の中には祖父の存在があり、彼が私を育ててくれたように私も今、自分の子どもを育てています。祖父がいつも言っていたのは、「知識を教えるのではなく、人格を教える」ということ。子どもからのどんなに馬鹿げた質問にでも、必ず真剣に答える。これは会社経営の中でも意識していることで、疑問に思ったことは何でも質問して欲しいと言っています。

    それは素敵な教育方針ですね

    私が「なんで夜は暗いの?」「なんで太陽は東から出て西に沈むの?」と質問をすると、祖父は「素晴らしい! この歳でこの質問をした君は天才だ」と言ってくれる。それが嬉しくて、「今日はどんな質問をしよう」と毎日考える好奇心旺盛な少年時代を過ごしました。また、当時の中国ではとても珍しいのですが、家の中や身近なところに外国人、当時の中国はロシアと仲が良かったので、常にロシア人がいる環境でした。私が最初に勉強した外国語もロシア語ですし、実はモスクワ大学に留学する予定だったんです。当時は、ロシアではなくソ連でしたが。

    しかし、1989年、私が17歳の時に天安門事件が起きたことですべてが一変しました。私はまだ高校生でしたが、あの時は数ヶ月間無政府状態で学校もなく、私もあの混乱を目の当たりにしました。その上、1991年にソ連崩壊があり、予定していた留学ができなくなってしまったのです。仕方なく、中国国内の大学に進学し、英語を勉強しながらいつかアメリカに行こうかなと考えていた時、祖父の教え子に日本のある大学の講師になった人がいて、「日本に来たらどうですか?」と言ってくれたのです。それまで日本に行くという選択肢は考えたこともなく、日本語を勉強したこともなかったのですが、すぐに書店に行き、人生で初めて日本語の本を手にして、次の日にお願いしますと返事をして、その3か月後に来日しました。

この企業が募集している求人