スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録
スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

ビジネスにおいて大切なのは、本当に好きなこと、命をかけて守りたいものを見つけて、それを辞めないこと

スマートキャンプ株式会社 代表取締役 古橋 智史

スマートキャンプ株式会社 代表取締役 古橋 智史

古橋 智史 (ふるはし さとし)

スマートキャンプ株式会社 代表取締役

1988年生まれ、東京都出身。立教大学卒業後、みずほ銀行に入行。2012年株式会社Speee入社、SEOサービスの新規開拓営業にて年間売上1億円を達成。株式会社ネットマイルにて事業立ち上げを経験した後、2014年6月スマートキャンプ株式会社を設立、代表取締役に就任。

スマートキャンプ株式会社

事業内容

・マーケティングパートナープラットフォーム「BOXIL(ボクシル)」開発・運営
・リードマネジメントプラットフォーム「BALES(ベイルズ)」開発・運営

会社の特徴

MISSION
マーケティングテクノロジーで
職場の非効率を無くす

「Small Company, Big Business.」
2017年、東京。世の中は大きく変わろうとしています。
明確な労働人口の減少、既存の働き方に対する違和感の蔓延。

「働く」とは何か、「会社」とは何か。
あらゆる企業、個人がその問いに答えを出していかなければいけない時代に
なりました。

私たちは、「Small Company, Big Business.」というビジョンを掲げます。
クラウドサービスをはじめとする、インターネットテクノロジーの普及支援
からはじまり、経済活動を行う最小単位である、「個人/法人」の働き方、
生産性、快適さ、幸せを追求したい。

ビジネス規模は、必ずしも組織の規模には比例しないことを、
私たちは証明します。

スマートキャンプ株式会社の企業情報を見る

スマートキャンプ株式会社の求人情報を見る

  • 水上スキーに打ち込んだ、充実した大学生活

    起業や現在のビジネスに繋がるような幼少時代、学生時代の原体験があれば教えていただけますか?

    幼少期は特にこれといったエピソードもなく、中学の時は一応野球をやってはいましたが、あまり真剣にはやっていなかったと思います。やはり小学校からやっていないと、中学で運動能力の差が出てくるので、幼少期は大事だなと思いましたね。高校受験の時もあまり勉強しなかったので、志望していた学校にも入れず、18歳くらいまでは少し劣等感がある状態で、あまり印象的な思い出もないです。

    大学に入ってから水上スキーを始めたのですが、そこからけっこう変わりました。今年も男女で総合優勝しているくらい強い部だったので、大学の4年間がいちばん部活っぽいことをしました。大学の講義にはほとんど行かず、ずっと千葉県の江戸川と滋賀の琵琶湖にいました(笑)。夏は秋田で、冬は海外に行く、そんな4年間でした。

    なぜ、水上スキーをやろうと思われたのですか?

    18歳になるまで、何かをやりきったこともなかったですし、モチベーションもなくて、これはやばいんじゃないかと思いながら、新歓の時期に大学を歩いていたら、最初に水上スキー部に声をかけられ、これに入っちゃおう!と。入ってみたら、かなり真面目にやっている部活で日本一を目指していて、4年間かけてそれを目指すのは面白そうだなと思ったのがきっかけです。もしあの時、手話サークルに声をかけられていたら、手話に真面目に取り組んでいたと思います(笑)。それは決断というか、自分の中で面白かった経験ですね。

    どのような部分が変わりましたか?

    本当にシンプルなのですが、目標を掲げてそれを達成するという経験が初めてだったにも関わらず、それが自分の中で非常にしっくりきました。4年間でいろいろなことをやったのですが、最後には主将を務めたことも僕の中では大きな経験でした。水上スキーというのはカレッジスポーツなので、ラクロスなどと同様に大学から始める人が多く、スタートラインは全員一緒。そういう意味で、他の部活よりやりやすかったというのもあると思います。

    4年間、練習はかなりハードでキツかったのですが、不思議と辞めたいとは思わなかったんです。熱中していると、そんなに深く考えないのかもしれません。アスリートを見て、スポーツをやり切る人を羨ましいと思いつつ、自分にはまったくそういうものがないと思っていたので、ようやく自分の中でやり切ったというものができて、充実した4年間を過ごすことができました。

    就職活動はどうされたのですか?

    部活が4年生の9月に引退だったので、就活シーズンも部活が忙しく、とにかく早く終わらせたいと頑張ったところ、幸いにもみずほ銀行から内定をいただくことができました。9月に部活を引退してからはアルバイトに勤しみ、気がついたら社会人になっていたという感じです。

この企業が募集している求人