スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録
スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

テクノロジーを駆使し、フェアで健全な需給バランスの取れた建設業界の実現を目指して

株式会社ローカルワークス 代表取締役 清水 勇介

株式会社ローカルワークス 代表取締役 清水 勇介

清水 勇介 (しみず ゆうすけ)

株式会社ローカルワークス 代表取締役

1976年生まれ。大阪府出身。高校より米国に留学し、オレゴン州立大学経営学部を卒業。帰国後は、株式会社ラクーンを経て、株式会社ガリバーインターナショナル(現、株式会社IDOM)にて経営企画や新規事業開発、株式会社コーポレイト・ディレクションにて経営コンサルティング業務に従事。その後、株式会社グリーンイノベーションズホールディングスの取締役副社長を経て、2014年2月、株式会社ローカルワークスを設立。同社の代表取締役として、建設業界における日本初の定額リフォーム比較サイト「リフォマ」、事業者間マッチングプラットフォーム「ローカルワークス サーチ」、決済代行・保証サービス「ローカルワークス ペイメント」を開発・運営中。

株式会社ローカルワークス

事業内容

・定額リフォームB2C比較サイト『リフォマ』の運営
・建築業界のB2Bマッチングプラットフォーム『ローカルワークス サーチ』の運営
・建築事業者間の決済代行・保証サービス『ローカルワークス ペイメント』の運営

会社の特徴

■ミッション
テクノロジーとアイデアで建設業界の非効率を変革していきます。

株式会社ローカルワークスの企業情報を見る

株式会社ローカルワークスの求人情報を見る

  • 勉強が大嫌いだった幼少期、高校・大学は米国に留学

    幼少期はどのように過ごされていましたか?

    とても教育熱心な両親だったので、幼稚園から受験をして、ずっと私立の学校に通っていました。両親としては、「良い大学に入って、良い企業に就職して欲しい」という考えがあったのだと思います。ところが、私は勉強が大嫌いだったんです(笑)。そこで、日本で良い大学に行くよりも、英語を習得した方が良いだろうと考え、中学卒業後に留学することにしました。

    英語が得意だったのですか?

    いいえ、海外に行くのも初めてですし、当時は英語もまったく話せませんでした。なので、中学校の担任にはかなり驚かれましたね(笑)。

    アメリカのどちらに留学されたのですか?

    ハワイ島にある私立高校に入学しました。学校が牧場の中に建っているような田舎で、いちばん近いマクドナルドまで歩いて30分以上かかるんですね。住んでいたのも学校の中にある寮だったので、スポーツするか勉強するかしかない(笑)。でも、自分に合った自由な環境だったので、とても楽しい学校生活でした。日本の学校よりも自分には合っていたと思います。

    その後、オレゴン州立大学に入学されたのですね?

    はい。父親から「手に職をつけた方が良い」とアドバイスされて、入学当初は歯学部に在籍していました。ところが、歯学の勉強が苦痛で、嫌で嫌で仕方がなかったんです。そこで、元々は商売がしたいというビジネス志向だったこともあり、経営学部に編入しました。

    ビジネス志向の原体験としては、父親が自営業をしていた影響があると思います。高校進学の時も、大学進学の時もそうですが、彼としては、「将来は安定した職業に就いた方が良い」という想いがあったようです。しかし、結果として、父の背中を追いかける形でビジネスを学び、起業しました。

    大学時代の印象的な出来事はありますか?

    何か商売をしたいと考えていたのですが、ビザの問題で現地ではアルバイトができなかったんです。そこで、当時考えたのが通信販売サイトの運営。私が大学に入学した年は、ちょうどWindows95が発売された年。米国でインターネットが急速に広がっていたので、何かできないかと考え、日本向けの通信販売サイトを立ち上げました。高校生の頃から、宿題やレポートはすべてパソコンを使っていたこともあり、HTMLやコンピューター算出、プログラミングなどを自分で勉強して、ホームページも自分で作成しました。

この企業が募集している求人