スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録
スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

個のクリエイティビティが輝く時代、目的意識を持って“鍛錬”できる人は間違いなく成功する

TANREN株式会社 代表取締役 佐藤 勝彦

TANREN株式会社 代表取締役 佐藤 勝彦

佐藤 勝彦 (さとう かつひこ)

TANREN株式会社 代表取締役

東京都出身。日本料理店「なだ万」で調理師として勤務した後、携帯電話販売の業界に転職し、店頭販売スタッフおよびセールス支援研修の講師を務める。2014年10月、TANREN株式会社を設立し、代表取締役CEOに就任。モバイルクラウドを利用した接客スキル向上サービスとして、ナレッジシェアアプリ「TANREN」を開発・運営中。

TANREN株式会社

事業内容

モバイルクラウドを利用した教育アプリ事業

会社の特徴

原石を磨き、宝石となす!
当社のサービスを通じて、お客様の人財となりうる人物を発掘するのが使命だと感じています。

TANREN株式会社の企業情報を見る

TANREN株式会社の求人情報を見る

  • “鍛錬”できなかった子役時代と調理師時代

    幼少時代、学生時代で印象に残るエピソードはありますか?

    小さい頃は、目立ちたがりの性格でしたね。ひとりっ子で、自由な環境で育ったので、良く言えばおおらかでいろいろな人に溶け込むタイプだった一方、唯我独尊だった部分もあったのかなというのは反省材料でもあります。それに加えて、小学6年生から中学2年生まで母親の勧めで子役をやっていたため、周りに年上や大人が多く、やや独特な環境の中で育ったと思います。

    子役の仕事をしながら学校に通っていたので、中学2年生で辞めた時には、気づけば勉強についていけなくなっていました。そこで、中学生の時点で大学進学を諦め、職人コースに進むことに決めたんです。手先が器用だったこともあり、高校卒業後は専門学校に進み、調理師になりました。今でも、休みの日は料理を作って、家族に振る舞っています。

    元々は、調理師をされていたのですね

    はい。私の社会人としてのスタートは、天下の「なだ万」です。「有名なお店で働きたい」という軽い気持ちで入ったのですが、職人の世界ですから、本当に厳しく、辛い日々でした。やはりそれ相応の夢と技量がないと、続けることは難しく、私も“鍛錬”できずに、2年ほどで辞めてしまいました。実は和食よりもスペイン料理がやりかったことが理由のひとつなのですが、職人の世界が厳し過ぎて耐えられなかったというのも正直なところです。

    ただ、この時に学んだ「仕込み9割」という教えは、仕事のスキルとして活きています。今の私も、コンサルティングをしている企業に対して、「しっかりとした営業準備をしていますか? どのような行動計画を持っていますか?」と同じ事を言ったりしていますから、良い事を教えてもらったなと思っています。

この企業が募集している求人