キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

目標は、3年後までにこの分野でのNo.1メディアになること

株式会社ハッピーズ 代表取締役 芦川 泰彰

芦川 泰彰 (あしかわ やすあき)

株式会社ハッピーズ 代表取締役

東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒。大学在学中にITベンチャーを創業。資本金4億円・従業員50名のベンチャーとして急成長するが、3年経たずして会社を精算。2011年、株式会社ハッピーズを創業し、代表取締役に就任。

株式会社ハッピーズ

事業内容

インターネットメディア事業

会社の特徴

▼企業理念
「新しい価値の創造を通じ、世の中が便利になるプラットフォームをつくる。」

▼短期目標
2020年までに領域特化型メディアでNo.1に

▼3つの特徴
(1)領域特化型ポータルサイトのインターネットメディア事業
(2)圧倒的No.1になる『プラットフォーム戦略』〜自社サービスで自らルールをつくる〜
(3)領域No.1戦略でニッチ市場を制し、その先の巨大市場を狙う

▼採用メッセージ
あなたの挑戦が新しい価値を生む。

株式会社ハッピーズの企業情報を見る

株式会社ハッピーズの求人情報を見る

  • 中小企業の社長に魅力を感じ、起業を意識した中学時代

    起業や現在のビジネスに繋がるような幼少時代の原体験があれば教えていただけますか?

    小学生の頃は自由奔放でやんちゃなジャイアンみたいな子どもでした(笑)。中学受験をして、慶応義塾中等部に入ったのですが、日本の名だたる有名企業の子息がたくさんいて、みんなものすごい豪邸に住んでいたんですね。そこで自分なりに調べてみたら、在校生の親の職業が大体4つに分けられることがわかったんです。まずは大企業の創業家ゾーン、弁護士・医者ゾーン、大企業のエリートサラリーマンゾーン。そして、中小企業の社長ゾーン。その中で、大企業の創業家の次に家が大きかったのは、中小企業の社長ゾーンだったんです。

    それに気づいてから、中小企業の社長に魅力を感じ、そういう家の友人宅に遊びに行くたびに、お父さんの話を熱心に聞いていました。中には、その後、会社が大きくなって上場した有名企業の社長もいます。

    ご実家はどのゾーンだったのですか?

    実家は病院の経営者なので“医者ゾーン”です。

    よくお医者さんのご子息だと、病院を継ぐために医学部に入る方が多いと思うのですが、ご両親からは何も言われなかったのですか?

    これからの時代、医療従事者が潤っていた昔の時代とは環境変化が起こるので医者になる必要はないという父からのアドバイスでした。

    しっかりと先を見定めているアドバイスですね

    そう思います。もうひとつ、通っていた塾の先生の影響も大きいですね。僕の母親の家庭教師もしていた方で、僕にとっては半分父親みたいな存在なのですが、ご自分で塾を開いて、最終的には東証一部上場までもっていった方なんです。小学生の時から、その先生に「起業しなさい。上場しなさい」と言われていて、彼から帝王学みたいなものも学びました。「好きなことを仕事にしなさい」と言われ続けておりました。

    それが起業の原点という感じでしょうか?

    はい。小中学時代は、僕の魂が作られた時期だと思います。中学時代は、本田宗一郎、松下幸之助、稲盛和夫等有名な起業家の自伝は全て読みました。

この企業が募集している求人