キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

サービスとしての金融を再発明し、多様な選択肢を提供したい

株式会社Finatext CEO 林 良太

林 良太 (はやし りょうた)

株式会社Finatext CEO

東京大学経済学部卒業後、英ブリストル大学のComputer Scienceを経て、日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドンに入社。投資銀行本部機関投資家営業 GCIアセット・マネジメント(ヨーロッパ大陸日本プロダクト営業統括)などに従事。2013年、株式会社Finatextを創業。投資コミュニティアプリの開発・運営)や投資関連のアルゴリズム等を提供するFinatext(フィナテキスト)と、機関投資家向けにビッグデータ解析サービスを提供するNowcast(ナウキャスト)を軸に、世界各地で事業を展開中。さらに2017年には日本にて次世代の証券プラットフォームを実現するスマートプラスも設立し、日本初の株式委託手数料ゼロを実現する証券事業も展開。

株式会社Finatext

事業内容

・投資アプリの開発・運営
・ビッグデータ解析事業
・証券サービスプラットフォーム事業

会社の特徴

・東大発Fintechベンチャー
・金商業登録企業のなかで最年少社長
・日本初の株式委託手数料ゼロ実現

株式会社Finatextの企業情報を見る

株式会社Finatextの求人情報を見る

  • 勝ちにこだわり本番に強い自分を発見した学生時代

    起業や現在のビジネスに繋がるような学生時代の原体験があれば教えていただけますか?

    特徴的なところでいうと、高校は公文式が運営する公文国際学園という学校に通っていて、制服がないなど自由な校風の中で過ごしました。部活はテニス部に入り、キャプテンを務めました。目立って上手かったわけではないのですが、負けず嫌いな性格なので、試合では勝ちにこだわり、結果もついてきました。

    また、大学は東京大学に進学したのですが、センター試験の模試ではいつもD判定だったものの、無事合格することができました。そういう本番に強いというか、引きがいいところは昔からあって、変動幅の大きい人生で、要所要所で勝負強くやってきた印象があります。

    起業を意識するようになったのは、当時ITバブルだったこともありましたし、実は父親も起業家で、触発されて大学時代から会社みたいなものや、学生団体を作ったりもしていました。

    大学卒業後はなぜ海外で就職されたのですか?

    英語がそれほど上手ではなかったので、英語を使える仕事に就きたいと思い、海外で就職しようと考えました。周りには意外とそういう考えをする人がおらず、当初はあまり理解されなかったのですが、私としては大真面目にアメリカで就職すると言っていました。大学での成績があまり良くなかったからか、当初行きたかったアメリカの大学院はすべて不合格で、イギリスの大学院に進学することになりました。

    海外で就職することがいちばんの目的だったので、渡英後すぐ、大学院の授業開始前から就活を始めて、最終的にはロンドンのドイツ銀行の採用が決まり、就職を決めました。同期は50人くらいいましたが、日本人は僕ひとり。日本人が現地採用されたのも初めてでした。

    それまで留学経験もなく、現地採用されるのはすごいことだと思うのですが

    最初は「My name is…」からスタートして、淡々と単語を覚えるなど、地道に積み重ねていった結果だと思います。それと、ちょうどリーマンショックが起きた直後だったこともあり、シニアが大量にリストラされて、ジュニアの採用が増えた時だったというのもあるかと思います。

    当時は、ゴールドマン・サックスやマッキンゼー、経産省などに採用された東大の同期もいて、自分だけ海外に行くと言っていたので、「就活に失敗した」という見方をされてナイーブになった時期もありました。でも、私はそういった逆境をすべて自分の活力に変えるタイプ。当たり前な選択肢を選んでも自分へのリターンはあまりない。みんながいいと思わないところをひとひねり考えてやることで、さらなる超過リターンがあると考えています。蓋を開けてみれば、日本に戻ってきてみたら急にみんなの態度が変わり、「林はもともと昔から違っていた」なんて言われましたけどね(笑)。

この企業が募集している求人