キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

成功も挫折も経てつかんだ全力を注げる事業 コンプレックスを抱える人を笑顔に

株式会社ニコリー 代表取締役 檜垣 雄介

檜垣 雄介 (ひがき ゆうすけ)

株式会社ニコリー 代表取締役

1989年生まれ、東京都出身。慶応義塾大学大学院理工学研究科中退。大学院在学中に株式会社ガイアックスのインターンに参加、法人向けグループウェアの営業に携わる。インターンの仲間5人とアプリ開発を始め、2011年3月、株式会社ドウゲンザッカーバーグ(現 株式会社ニコリー)を創業。2015年、医師が教える美容整形のコンプレックス解決・応援サイト「NICOLY(ニコリー)」を開設。

株式会社ニコリー

事業内容

医師が教える美容整形のコンプレックス解決・応援サイト「NICOLY」の企画、開発、運営

会社の特徴

【ビジョン】
『コンプレックスで悩む人を笑顔に』
身体的・精神的問わずコンプレックスで悩む人たちに、インターネットを通じて解決や受容の手助けを行い、日々の生活で心から笑顔になれる機会を増やす。

【バリュー】
1. ユーザーファースト
全ての意思決定はユーザーを第一に考え、ユーザーの課題解決に貢献するものでなくてはいけません。最高のプロダクトはユーザーに真摯に、誠実に向き合うことで生まれると私たちは信じているからです。

2. 主体性を持とう
私たちは与えられた仕事のみをやるのではなく、自ら課題を発見し当事者意識を持って解決に取り組みます。一人ひとりがニコリーを引っ張る気持ちを持ち、決して他責にせず、課題を発見し解決し続けます。

3. チームニコリー
プロフェッショナルなメンバーがお互いを信頼し、支え合いながらチーム一丸となって成功に向かって邁進します。個人はチームのため、チームは成功のために行動します。

4. Think Big
私たちは常に現状に満足すること無く、想像力を豊かにさせてワクワクする未来を描き、そこから逆算して行動します。ちっぽけでつまらない未来をつくるために働くのはやめましょう。

株式会社ニコリーの企業情報を見る

株式会社ニコリーの求人情報を見る

  • 「みんなと一緒に作りあげたい」が原動力 のめりこんだら徹底的に

    どのような幼少時代、中高時代を過ごしましたか?

    子どもの頃好きだったのは、人を集めて何かを企画すること。例えば小学校5年生の時には、友だちを20人くらい集めて囲碁や将棋をやる「ゲームクラブ」を立ち上げました。当時ハマッていた将棋に、友だちを巻き込んでいくうち、これを学校でもできたら楽しいだろうなと思うようになったんです。

    中学生・高校生の時に文化祭の実行委員会に打ち込んだのも、同じ理由でした。たくさんのメンバーと集まって、ひとつのことをやり遂げるということがすごく楽しかったんです。今思えば、こういう「人と集まって楽しいことをする」という経験が、現在の起業にも繋がっているのかもしれません。

    その後、大学に進学されたのですね?

    はい。高校では理系コースに在籍していたのですが、興味があった経営や経済が学べる理系の学科に進学しようと、管理工学科や経営システム工学科などを受験しました。

    なぜ、理系なのに経営や経済に興味を持ったのですか?

    きっかけは、母の机に積みあがっていた経済の本でした。僕の母は翻訳家の仕事をしているのですが、翻訳家というのは、英語の読解力や理解力よりも、適切な日本語に置き換える日本語力や咀嚼力、専門分野の知識のほうが重要で、下調べとして20冊くらい専門書を読むこともあるんです。ちょうどその頃母が翻訳していたのが、たまたま経済系の専門書でした。それで机にあった経済の本を手に取ってみたら、とにかく面白かったんです。そこから興味を持ち、管理工学科に進学することに決めました。

    それで勉強に打ち込んだのですね

    そうです。高校2年生の終わりに部活も辞めていたので、もう受験しかやることがない。もともと、ひとつのことにのめりこむとそれに没頭するタイプなので、どんどん勉強に熱中していきました。

    その頃、部活の先輩の紹介で通い始めた塾が強烈でした。高田馬場にある、おじいちゃん先生がひとりでやっている個人塾なのですが、朝4時の始発に乗り、駅から走って自習室に行き、塾が閉まる夜9時までずっと勉強していました。しかも、勉強時間をストップウォッチで測って毎日記録する、そんなストイックな塾だったんです。「駅から走って」なんて驚くと思いますが、なぜかそれが伝統で、チューターをしているOB・OGに聞いても「え、当然でしょ?」みたいな空気感でした。

    先生の見た目からして、めちゃくちゃ怖いのですが、教え方はすごくわかりやすい。それで勉強が楽しくなって、のめりこんでいきました。ここに通っていた1年間は、本当に死ぬ気で勉強したと思います。

この企業が募集している求人