キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

ネット×リアルで、結婚式の”金太郎あめ”感を無くし、世の中を結婚式まみれにしたい

株式会社リクシィ 代表取締役社長 安藤 正樹

安藤 正樹 (あんどう まさき)

株式会社リクシィ 代表取締役社長

兵庫県出身。2003年京都大学法学部卒業。2001年より創業メンバーとして参画した株式会社ドリコムにて、営業担当取締役として、東証マザーズ上場に貢献する。 2009年4月、株式会社エスクリ(ブライダル事業) に入社、結婚式場の責任者、マーケティング部門の責任者を経て、取締役事業本部長に就任。その後、常務取締役として会社の成長に貢献する。2016年5月、株式会社リクシィを創業。

株式会社リクシィ

事業内容

・ウエディングプラットフォーム事業
ウエディング経験豊富なスタッフが厳選したクオリティの高い会場だけを紹介し、会場見学の前に、理想の結婚式を無料でプランニングします。結果、上がらない見積りがわかり、gensen weddingならではの割引で、費用面でも安心して、自分たちにあう結婚式場が見つかるサービスです。

・ブライダルコンサルティング事業
インターネット業界で8年間、ブライダル業界で7年間の知見を活かし、全国のブライダル事業者に対して、マーケティング、IT、組織/HR、戦略、新規事業、経営企画、営業、他、ブライダル事業に関わるコンサルティングを行うことで、ブライダル各社の成長に貢献します。

・ブライダルビジネスサポート事業
ブライダル業界内のネットワークを活かし、ブライダル事業者や異業種の関連事業者に対して、人材紹介、事業立ち上げ、M&A、出店物件、 結婚式のアイテムや備品等の紹介、各種仲介等をサポートすることで、ブライダル業界の発展に寄与します。

会社の特徴

■企業理念
「ネットとリアルで新しい価値を」

■ビジョン
「世界中のオールドビジネスをニュービジネスに」

■ミッション
「ブライダル業界の構造改革 、結婚式であふれた世界を創る」

■バリュー
「lean venture」
「new social」
「be colorful」

今回募集しているメンバーは、創業期にしか得られない経験を積むことができます。私自身が2社の上場を経験してきて、創業30人の風土がその後の風土になることを実感しました。そしてそのコアに創業10人がいることが、会社の成長する在り方として理想的だと考えています。このチャレンジは、創業直後の今しかできません。 そして、今、未来が決まるのです。そんな想いや環境に共感してくれる方がいたら、ぜひ気軽に話を聞きに来てください!未来の仲間にお会いできることを楽しみにしています。

【当社について】
株式会社リクシィの語源は、REal × IT。結婚式場やウエディングに、インターネットやテクノロジーのエッセンスを加えることで、社会に貢献できる新しい価値を産み出します。リクシィにはもう1つの語源があります。それは、RE-EXIT 。新たな出口へという意味を込め、何度も扉を開いて、新しい価値を生み出して社会に貢献していけるよう、チャレンジしていきます。

株式会社リクシィの企業情報を見る

株式会社リクシィの求人情報を見る

  • 自分よりもレベルの高い人達に囲まれ、自分の強みについて考えた学生時代

    起業や現在のビジネスに繋がるような学生時代の原体験があれば教えていただけますか?

    小学生の時から勉強は好きだったので、塾に通って中学受験を目指し、兵庫県で2番目の私立の中高一貫校に入学しました。入学後も真面目に勉強していたのですが、どんなに頑張っても、いつもテストの結果は約200人中60番くらい。また、文化祭委員も務めていたのですが、そこではいかに面白いことを思いつくかが重要で、その点に関しても自分より面白い人がたくさんいました。ですから自分が何かに特別秀でていると感じたことはありませんでした。ただ、文系なのに数学が得意だったことや、テニス部で右利きなのにバックハンドが強かったりして、全体の中でちょっと違う方向に得意分野があるという特性があったんです。実際にそれは自分の強みになり、自信を持つきっかけになりました。

    大学は京都大学の法学部に進まれたのですよね?

    はい。父親は医者、祖父は軍医、母方も歯医者で、医者家系なので家族から医者になることを期待されましたが、自分は医者に向いていないと思ったんです。法学部を選んだのは消去法だったのですが、無事合格した時は、どの分野にしても自分よりレベルの高い人はたくさんいるけれど、頑張ったら何とかなると感じました。

    今後の進路を考えた時の、数々の出会い

    大学に進んでからの印象的なエピソードはありますか?

    1年生の冬、クラスメートたちが来年からロースクールに通うかどうか、などという話をし始めた頃、弁護士になることには魅力を感じず、他の道を考えるようになりました。その数ヶ月後、友人と3週間のヨーロッパ旅行に行ったのですが、パックのツアーではなく、到着地と出発地だけ決めて、それ以外はその時の気分や状況次第で行動したところ、それがとても面白かったのです。その時、漠然と「こういう人生を歩むことが大事なのではないか?」と思ったんです。

    しかし、よく考えてみると、人生において特にやりたいことがないことにも気付いてしまいました。そこからさらに模索してみたところ、「やりたいことが出てきた時に、できるようになっておくのがいちばんいい。そのためにお金を稼げるようになろう。稼げるようになっておけば、やりたいことが見つかった時にお金が必要なことでも必要ないことでも、できるようになっているはず」という結論に至り、学生のうちにビジネスを始めてみようと考えました。そんなタイミングで、「学生ばかりで会社を作るからやりたい者は集まれ!」という内容のビラを受け取り、「これや!」と思ったんです。そのビラを配っていたのは、現在の株式会社ドリコムの社長である内藤裕紀さんでした。当時は、ビジネスについてはまったくわかりませんでしたが、とにかくやってみることが大事だと思い、参加することにしました。

    参加してからはどんなことをされたのですか?

    当時は学生イベント等を手がけるイベントサークルのようなもので、学生向けのコミュニティサイトを作ることになりました。ネット上には各自の夢を語り合う掲示板があり、リアルではイベントを行い集客に繋げようというものです。私はそのサイトのプロモーションのために、各地の学園祭へのファッションショーツアー計画に積極的に携わりました。モデル志望の女子大生と、デザイナー志望の芸大生と、イベントを企画したい大学生を集めて形にしようというものです。そのイベントの運営は大変でしたが、何とかやり遂げることができました。集客のためにイベントをやったのに、肝心のコミュニティサイトが未完成だったというオチもあるのですが(笑)。その後、大学3年生の秋に、内藤さんを含む4人をコアメンバーとして、ドリコム創業に至りました。

この企業が募集している求人