キャリアウェイク (CareerWake)

スタートアップ・ベンチャー専門の転職サイト

ログイン 新規会員登録

キャリアウェイク (CareerWake)

社長インタビュー

こんな便利な世の中でも、未だ満たされない課題やニーズ、コンプレックスを圧倒的に解決していきたい

株式会社アラン・プロダクツ 代表取締役CEO 花房 弘也

花房 弘也 (はなふさ ひろや)

株式会社アラン・プロダクツ 代表取締役CEO

1992年生まれ。兵庫県出身。横浜国立大学在学中に、インターン先のピクスタ株式会社で営業統括に従事。同じく在学中の2014年1月、ゴロー株式会社を設立し、代表取締役CEOに就任。ショッピングアプリ「melo」を開発・運営する。2016年9月、ユナイテッド株式会社に事業売却し、同社の執行役員に選任。2017年10月、株式会社アラン・プロダクツに社名変更。現在、髪の毛の悩みと向き合うバーティカルメディア「ヘアラボ(旧ハゲラボ)」と「&Hair」を開発・運営している。

株式会社アラン・プロダクツの企業情報を見る

株式会社アラン・プロダクツの求人情報を見る

  • 人間関係に思い悩み、「少数派」の怖さを知った少年時代

    小学生、中学生の頃はどのような子どもでしたか?

    基本的に、自由に伸び伸びと生活していました。当時から体が大きく、運動も得意でしたので、部活動でキャプテンも務めており、真面目に勉強にも取り組んでいました。ただ、中学校に入ってから、学校での人間関係に悩むようになりました。詳細は省きますが、「弱い立場になる」という孤独と恐怖を強く感じたことを覚えています。

    もう少し具体的にお伺いできますか?

    人間の根本的な欲望として、多数派であることを求める傾向にあると思います。多数派であることを認識するためには、少数派を存在させなければならない。そして、その少数派として認識された個人は、自分が多数派と比べて、「弱い立場」にあるのだと認識することになります。これは、非常に辛いことですよね。

    僕自身が人間関係的に「少数派」となり、弱い立場になったこの経験は、今の会社でどういう事業を創って行きたいのか、その思想に大きく影響を与えています。

    そして高校時代は、その影響もあって、けっこう周りの目を気にして、過ごしていました。

この企業が募集している求人